定期的に印刷機の清掃

印刷機の長持ち方法

クリーニング

印刷機のクリーニングについて

コピー機や輪転機などの印刷機はインクや紙くずなどによって使用するたびごとに汚れていきます。定期的にクリーニングをしないと色移りが悪くなってり、機械が故障したりと問題が生じます。その機器について業者と保守点検の契約をしている場合は出入りのサービスマンが定期的に必要なクリーニングを実行してくれています。そういった契約を結んでいない場合は自分で行うことになりますが、購入時に受け取っている説明書に清掃の手順が記載されていますので、それにしたがって怪我の内容に行う必要があります。こういった清掃によって印刷機もより長持ちします。

上手なクリーニング方法

印刷の際に用紙がインクで汚れて困った経験はないでしょうか。多く行うほどインクの減りが早い事は周知のことですが、インクを長期にわたって使っていると、インクカートリッジの汚れも目立ってきます。そこで、プリンターのクリーニングを行うことを薦めます。クリーニングを定期的に行う事で、インクの汚れを拭き取ることができ、より鮮やかに印刷することができるからです。ただし、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」の言葉通り、この清掃作業にもインクを必要とします。つまり、頻繁な清掃作業は逆にインク容量の低下を招いてしまうのです。1ヵ月に1回くらいの目安で行うのが良いでしょう。

↑PAGE TOP